第15回 在宅チーム医療栄養管理研究会推進フォーラム2020

Description
新型コロナウィルス感染症が蔓延し始めてから、半年以上が過ぎました。この間、日本国中がまったなしで大きな変化を余儀なくされ、時代の転換期の真っ只中に私たちはいます。

そういった状況でも在宅や施設では多くの医療や介護、栄養管理を必要とした高齢者が生活を続けています。
私たち、在宅チーム医療栄養管理研究会は2000年から在宅高齢者の食事や栄養の問題に多職種で取り組んでまいりました。
今までは会場を借りて研究会を開催しておりましたが、今回初めてのオンラインセミナーを開催いたします。
新型コロナウィルス感染症の流行により、何が変わったのか、今後何が必要なのか。第二波を乗り越えた今だからこそ知っておきたい、多職種の様々な現場で起きたことを学び今後の生活へ生かすヒントとなることを願っています。

なにぶん不慣れなため、参加者の皆さまにはご迷惑をおかけすることがあるかと存じます。
どうぞご容赦のほどよろしくお願いいたします。

在宅チーム医療栄養管理研究会 代表 村上 奈央子


~プログラム(予定)~

総合司会 奥村 眞理子 在宅チーム医療栄養管理研究会 副代表(日本栄養士連盟東京都支部長)

■13:00
 開会の挨拶 
 村上 奈央子 在宅チーム医療栄養管理研究会 代表(地域栄養サポート自由が丘)
■13:05~  
 研究会新刊紹介
「新 在宅訪問栄養実践ガイド―知っておきたい在宅高齢者の食事と栄養」
 塚田 邦夫  在宅チーム医療栄養管理研究会 副代表・新ガイドブック編集委員長(高岡駅南クリニック)
■13:15~14:00 
 第一部 パネルディスカッション
「新型コロナウィルスによって 今 在宅や施設で何が起きているか」
 Part1
 パネリスト① 医師 蓮村 幸兌 氏(社会福祉法人同胞互助会 理事長)
 福祉施設の立場から「新型コロナウィルスによって今施設で何が起こっているか」
 パネリスト② 歯科医師 山川 治 氏(NPO法人 ASEAN HEALTH PROJECT 代表)
 歯科医師の立場から「今、障害児が孤立している(仮)」
 パネリスト③ 歯科医師 五島 朋幸 氏(ふれあい歯科ごとう 代表)
 訪問歯科医師の立場から「口の中のケアが忘れられている (仮)」
■14:00~14:15 
 企業情報提供・休憩
■14:15~15:00 
 Part2
 パネリスト④ 管理栄養士 三瓶 直美 氏(羽村三慶病院 栄養科)
 訪問管理栄養士の立場から「在宅に重症者が増えている(仮)」
 パネリスト➄ 薬剤師 森 貴幸 氏(大和調剤センター 代表取締役社長)
 訪問薬剤師の立場から「非対面が増えて薬剤師の負担が増加(仮)」
 パネリスト⑥ 医師 塚田 邦夫 氏(高岡駅南クリニック)
 在宅医の立場から「皆家にこもって褥瘡発生!」         
■15:00~15:20 
 企業情報提供・休憩 
■15:20~15:55
 第二部 ディスカッション
「新型コロナウィルスに対して何をどうすべきかを 多職種で考えよう」
■ 15:55~
 閉会の挨拶 
 村上 奈央子 在宅チーム医療栄養管理研究会 代表(地域栄養サポート自由が丘)


【参加費】1,000円+税金

■開始1時間前までに、Zoom接続用URLを『登録いただいたメールアドレス』までお送りいたします。
■携帯電話の受信設定をしている場合は、「@peatix.com」からのメールが受信出来る様に設定してください。
■開催1週間前の9月27日(日)13:00~14:00の間、テスト接続用のルームを開設します。ご不安な方は、この時間帯でテスト接続を試みてくださいますようお願いいたします。
Sun Oct 4, 2020
1:00 PM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
参加費 ¥1,000

On sale until Oct 4, 2020, 3:30:00 PM

Combini / ATM payment will be closed at the end of Oct 3, 2020.

Organizer
在宅チーム医療栄養管理研究会
18 Followers